膝サポーター型低周波治療器

膝痛日常生活のなかで、動くために重要な役割を担っている膝関節は、二足歩行である人間にとっては負担のかかりやすい部位です。
「老化は脚から」といわれるように、 脚の筋肉は全身の筋肉のなかでも老化の早い部分。
膝の筋力が低下すると、関節も硬くなり、筋肉は関節を支えきれなくなります。
すると、動かす際に骨と骨がぶつかり合うようになり、痛みが生じます。
つまり、関節を支える筋肉の衰えが膝痛の原因となるのです。

膝 サポーター 低周波

膝の痛みを治療し、筋肉を強化するサポーター型低周波治療器

歩行楽ピリッピリッと痛みが走る神経痛。重だるい筋肉痛。
痛みを恐れてじっとしていると、血行不良や筋肉の萎縮につながります。
そんな膝治療の為に開発されたのが、膝サポーターと低周波治療器が合体した『歩行楽』です。

ひざ専用に開発された低周波治療器『歩行楽』は、ひざに悩む方の為の膝治療サポーターです。
一日10分、ひざに巻くだけの治療で、今まで我慢していた「歩行」「階段」「正座」のときのひざの痛みを和らげます。


「ほぐす」「もむ」「つかむ」の3つの治療モード+5段階で痛みに合わせた治療が可能

5つの工夫『歩行楽』は、今までになかった装着簡単なサポーター型で、ボタンホック式の低周波操作盤をサポーターに装着し、膝に巻いてスイッチオンするだけで膝の治療ができます。
膝の治療ポイントをいちいち探す手間が要りません。


低周波がサポーターの電極シートに伝わり、「ほぐす」「もむ」「つかむ」の3つの治療モードで、膝周辺の筋肉から神経の奥深くまでを気持ちよく膝を治療します。
3モード+5段階で強さが調整できるから、その時の痛みに合わせた治療ができます。

3つのモード

おまかせモード

 手洗い可能

5つの工夫1.操作機は取り外し可能
操作機は、コードレスで場所を選ばず、取り外しができ、手洗い可能です。ボタン電池使用で約1ヶ月使用可能です。
2.取替え不要の「電極シート」を採用
使い捨ての粘着パッドに代わり、取替え不要繰り返し使用できる「電極シート」を採用しました。
サポーター電極も手洗い可能です。
3.立体加圧パッドがひざの動きサポート
ひざの形にそった立体加圧パッドがつらい部分にピッタリフィットしサポートします。
ひざ関節周りを柔らか特殊パッドで動きをサポートし、保温します。
4.フィット感、通気性抜群
さらっと快適なフィット感で、通気性抜群です。
通気性と耐久性、伸縮性にも優れる素材「ダブルラッセル」採用しました。
5..ズレにくいダブル面テープ
ズレにくい幅広2本のマジックテープで固定するので、階段などの上り下りでずれたり、外れたりの心配もありません。

業務用レベルの波形・周波数で効果的な治療

ひざ治療歩行楽が採用した周波数は、ひざ痛の鎮静に必要な125Hzで、高い治療能力を実現しました。
これは、病院・治療院向け商品にも採用されている周波数で、ハリ治療やリハビリの際の筋力アップにも使われています。

直角波快適な刺激で安全性が高く、膝の治療に理想的な治療波である「直角波」を採用。
「直角波」とは、刺激作用が強く、また電流量が適度で安全性の高い波形で、膝の痛みの治療には理想的です。

消耗品不要で経済的

低周波治療器は「粘着パッドにホコリがつく」「替えパッドは高い」などの悩みがありました。
サポーター型で「巻く」タイプの歩行楽は、内側に電極シートを採用することで、ベタベタ不快な粘着パッドは不要、『貼らない低周波治療器』を可能にしました。
年間約2万円もの粘着パッド取替え費用が不要となり、消耗品は電池だけ。
電池代は、ひと月約250円で膝の治療ができます。
歩行楽なら家計に優しく続けられる膝治療を実現します。

経済的な歩行楽

 

「歩行楽」の特徴・使用方法を動画で解説します

【ひざ専用低周波治療器「歩行楽」】を使用された方の声

※効果には個人差があります

使用上の注意

●次のような医用電気機器との併用は、影響を与える恐れがあるので絶対にしないでください。
(1)ペースメーカー、植込み型除細動器など、電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器。
(2)心電計などの装着形の医用電気機器。
●次の人は医師とご相談の上、使用してください。
(1)悪性しゅよう(腫瘍)のある人。
(2)心臓に障害のある人。
(3)妊娠初期の不安定期または出産直後の人。
(4)体温38℃以上(有熱期)の人。
 例1.急性炎症症状[けん(倦)怠感、悪寒、血圧変動など]の強い時期にある人。
 例2.衰弱しているとき。
(5)安静を必要とする人。
(6)せきつい(脊椎)の骨折、ねんざ(捻挫)、肉離れなど、急性[とう(疼)痛性]疾患の人。
(7)糖尿病などによる高度な末しょう(梢)循環障害により知覚障害のある人。
(8)適用部位の皮膚に異常(感染症、創傷など)のある人。
●心臓の近く、頭部、首の前側、顔、□中や陰部、皮膚疾患などには使用しないでください。
●分解や修理改造を行なわないで下さい。

1.使用する環境及び使用条件|こついては、次のことにご注意ください。
(1)他の治療器と同時に使用しないでください。
(2)浴室などの湿度の高い所では使用しないでください。
(3)就廼時の治療はしないでください。
(4)幼児や、意思表示のできない人の使用は避けてください。
(5)運転中のご使用はしないでください。
2.ご使用前には次のことにご注意ください。
(1)操作ポタンタずマなどが圧常に作動することを確認してください。
(2)しばらくご使用にならなかった場合には、(1)に準じるほか、本治療器が正常に、かつ、安全に作動することを確認してください。
(3)サポーター電極は、電極印が肌に密着するように装着してください。
3.ご使用中には、次のことに注意してください。
(1)本治療器に故障が発見された場合は、直ちに使用を中止し、電源を切ってください。
(2)身体に異常を感じたときは、直ちに使用を中止してください。
(3)電極部に金属を接触させないでください。
(4)一カ所に長時間使用しないでください。
4.ご使用後は、次のことにご注意ください。
(1)しばらく使用しても効果が現れない場合は、医師または専門家にご相談ください。
(2)本治療器を長期間使用しない場合には電池を取り外して保管してください。

自宅で装着して座っているだけで膝の血行を促進させ、つらい痛みの治療、緩和ができます。
電池式なので外出先でも治療・マッサージができます。
痛みを忘れて元気に歩ける、出掛けられる、日々の生活をますます楽しくするために、膝治療サポーター『歩行楽』をぜひお試しください。

3つのモード

当日出荷・返品保証

当商品は製造終了となりました

当商品は製造終了となりました

Copyright (c) BANRAI Inc. All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます
NipponTomodachi

相互リンク